いらっしゃいませ

近年、イノシシの北上や今まで姿を見せなかった民間の庭先や道路、ゴルフ場等々、至る所で、出没情報が聞かれるようになりました。

早めの対策が被害防止の鍵となります。イノシシやシカなど鳥獣に対して電気的なショックを与え、心理的にここは危ないと早めに学習させる電気柵を是非ご活用いただき、大切な農作物を守ってください!

新着商品

店長日記

那須塩原市のケース 有害鳥獣防除柵設置事業費補助金について

栃木県の那須塩原に伺う機会が増えています。
ここでも鳥獣対策への補助金メニューが整備されていました。

概要は、以下の通りです。
那須の皆さん 是非ご活用ください。



【鳥獣対策への補助金概要】

■補助対象者
市内に住所を有する個人、受益者3戸以上で構成される組織(以下「団体」という。)、法人で次のいずれにも該当する者

市内の農地を耕作し、継続的に農作物を生産している者
市税に滞納がない者
同一年度内にこの補助金の交付を受けたことがない者
(注)家庭菜園は対象外です。

■補助対象事業
防除柵設置事業(補助対象としてネット柵を追加)
防除柵修繕事業(延長2キロメートル以上の要件を廃止)
防除柵機能強化事業(既存柵に別の防除柵を追加設置することによる機能強化)
(例)既存の電気柵にワイヤーメッシュ柵やネット柵を追加
過去に本補助金の交付を受けた場合、耐用年数が経過していない場合は
対象にならない場合がありますので事前にお問い合せください。

■補助対象経費
市内の農地において防除柵の設置、修繕、機能強化に必要な資材の購入に要する経費

■補助金の額
補助金の額は、補助対象経費に次の補助率を乗じた額(1,000円未満切捨)として、上限額までとなります。
また、補助金の交付は予算の範囲内で行いますので、予算額に達した時点で受付終了になります。



■申請方法
本庁農林整備課林務係(0287-62-7148)まで事前にご相談ください。
申請書に必要書類を添えて、申請窓口まで提出してください。
(注)事前相談、申請書の提出前に防除柵の購入・設置等をした場合は補助金の対象となりません。

■申請書・必要書類
申請書(別記様式第1号)
位置図
施行位置図
見積書及び仕様書(カタログ)
会議録(団体の場合)
市税に滞納が無いことを証明する書類(納税証明書)

【申請窓口】
本庁農林整備課林務係
西那須野支所産業観光建設課農林係
塩原支所産業観光建設課農林係

※詳細はこちら → https://www.city.nasushiobara.lg.jp/shigoto_sangyo/yaseityoujuutaisaku/10091.html